くだを巻く – くだを巻くの意味と語源とは

くだを巻く(くだをまく)とは。意味や解説、類語。とりとめのないことをしつこく言う。「酔って―・く」[補説]管 (くだ) 3の連想からとも、この管に糸を巻きつけるとき、ぶうぶう音を立てるところからともいわれる。 – goo国語辞書は30万語以上を収録。

デジタル大辞泉 – くだを巻くの用語解説 – とりとめのないことをしつこく言う。「酔って―・く」[補説]管(くだ)3の連想からとも、この管に糸を巻きつけるとき、ぶうぶう音を立てるところからともいわれる。

くだをまく 【意味】 くだをまくとは、主に酒に酔った時、とりとめのないことや不平不満など、訳のわからないことをぐずぐず言うこと。くだを巻く。 【くだをまくの語源・由来】

「くだを巻く」という言葉の意味や語源、由来についてわかりやすく解説します。普段そこそこの頻度で「くだを巻く」という言葉を耳にしますが、意味を正しく理解出来る人って意外と少ないんですよね。実は機織り機が語源由来となっている

Aug 18, 2018 · 『くだを巻く』(くだをまく)という言葉は 聞いたことがない言葉ですね。 なんとなく、酒を流すように飲む のような意味になりそうですが。 [ad#co-3] Contents1 『くだを巻く』の意味2 『くだを巻く』の語源

くだをまくとは「 とりとめのないことをぶつぶつと言う 」という意味です。 漢字交じりで表記すると「管を巻く」となります。 酒に酔った人が、ぐずぐずと独り言や不満を言っている様子を指してつかわれることが多いです。

くだをまくの「管」ってなに?なんで「巻く」なの?と思っている方も多いことでしょう。今回は「くだをまく(管を巻く)」の正しい意味や使い方、語源を見ていきましょう。

「くだ=管」とは、紡績に使う糸を巻きつける小さな軸のこと。 糸繰り車を回すときに出るぶんぶんという単調な音を、酔った人がくどくど言うのにたとえたことわざ。 【出典】 - 【注意】 「巻く」を「撒く」と書くのは誤り。

ニュース| 女優の夏帆が9日、都内で映画『きばいやんせ!私』の公開初日舞台あいさつに登壇。クソ女から復活する物語で、演じた感想につい

管を巻く 【読み方】 くだをまく 【意味】 酒に酔ったときなどに、とりとめのない事や不平不満など訳の分からない事を、ぐだぐだといつまでも際限なく言う事。

Jun 17, 2008 · 私(※中山もと様)の祖母は教祖の長女である”おまさ”さんでした。”おまさ”さんは、私の数え十七歳の時に出直されました(明治二十八年十月二十七日、陰暦九月十日)。 ”おまさ”さんは男まさりの明るい元気な人でした。お酒も多少いけました。

「管を巻く(くだをまく)」の由来. 管を巻くが何処から来たのかという話については幾つか説があるそうですが、どうやら江戸時代には今と同じ意味で用いられていたようです。

The latest Tweets from くだ巻くアマモリ (@kudamori). プレイ中のゲームや手元のおもちゃ、黙っていられない諸々のことについてぐだぐだと語ります。ネタバレに配慮しない可能性があります。長文を連続で呟くのが常態です。人を選ぶ画像の掲載多数。RT・いいね機能は使用していません。

フォロワー数: 37

[下接句]くだを巻く・煙(けむ)に巻く・舌を巻く・尻尾(しっぽ)を巻く・面(つら)に似せてへそを巻く・蜷局(とぐろ)を巻く・長い物には巻かれよ・螺子(ねじ)を巻く・旗を巻く

のんきさん 「くだをまく」とは、機織りの糸巻きから出た言葉です。漢字で書くと「管を巻く」。紡いだ糸を「管(くだ)」と呼ばれる細い軸に巻き付ける作業が「管巻き」で、この作業中、糸車はブウブウとうるさい音を立てて回ります。

酒で酔っ払って、くどくどと取りとめのないことを言い続ける人やそうした状態のことを【くだを巻く】と言います。今日はその語源を調べてみました。「くだを巻く」は、江戸初期にはすでに今と同じような意味で使われていたそうですが、その語源には諸説あるようです。

Aug 10, 2016 · 撮影日 2016年8月9日 ロージー 1歳1ヶ月 暑さのあまり外出が少ないので、ロージーはいつになくウダウダしてます

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *