マドゥロ大統領 サイババ – 焦点:ベネズエラ野党指導者に失速懸念 大統領打倒に汚職の逆風

ニコラス・マドゥロ・モロス(別表記:マドゥーロ、スペイン語: Nicolás Maduro Moros 、1962年 11月23日 – )は、ベネズエラの政治家。 2013年から同国大統領(第54代)。 ただし、2019年1月11日以降の2期目については、後述の通り前年の大統領選挙に不正があったとしてベネズエラ議会や欧米諸国など

前任者: ウーゴ・チャベス(第53代)

マドゥロ大統領は、サティア・サイババの熱心な信者です。サティア・サイババは、サナット・クマーラ(世界主)の摂政と言える存在であったことをベンジャミン・クレーム氏は指摘しており、この指

Oct 17, 2017 · ニコラス・マドゥロが後継者としてチャべスに地位を禅譲されたとき、国民の多くは閣内ナンバー2のディサード・カベ―ジョが大統領に指名さ

Oct 17, 2017 · 大統領官邸内のマドゥロの机の上には、サイババの信仰を象徴するハスの花びらから成るサルバダルマのメダルが置かれている。 参考図書 「De

ところで、このニコラス・マドゥロ大統領は過去3度もインドを訪れているが、それは政治的な理由ではない。彼はサティヤ・サイババの熱心な信者で、今でもサイババを信奉しているのだという。

マドゥロ大統領は、サティア・サイババの熱心な信者です。サティア・サイババは、サナット・クマーラ(世界主)の摂政と言える存在であったことをベンジャミン・クレーム氏は指摘しており、この指

Jan 31, 2019 · マドゥロは輪廻転生を信じているのだ。インドの聖者サイババの敬虔な信者だからである。2人の誕生日が同じ11月23日であることも影響しているのかもしれない。彼は家族とともに何度か生前のサイババに会うためにインド巡礼の旅に就いている。

マドゥロ大統領は、熱心なサイババ信者で、 自分が選ばれた特別な人間だと思っており、 実権を握ってから独裁の一途を辿りました。 幼い頃からゴリゴリの極左思想のもとで 育ってしまったので、資本主義を否定し、 ベネズエラの経済は悪くなっていく

人の霊が見えるという霊能力者ベネズエラのマドゥロ大統領は、3回もサイババさん詣でをし、サイババさんが身体離れはった後も、信仰心は全く変わっていない素晴らしい人やで。

マドゥロ派によって占められる司法機関も停電を起こした容疑でグアイドを捜査すると発表した。これに対してグアイドは「全世界が破壊行為者が誰なのかを知っている。マドゥロ大統領が(停電の)責任を負っている」と批判した 。

Feb 22, 2019 · マドゥロ政権が奉じるチャベス主義は、新自由主義に頑強に抵抗 する ”立場” の社会主義です。マドゥロ大統領は、サティア・サイ ババの信者で、nesara支持者だと考えています。

「サイババの亡き後、7月10日に夢にスワミ(サイババ)が現れ、『これからは、サティア・サイ・アーナンダムを使います』と言われました。 しかし注意しておきますが、スワミは他のところにはいないとおっしゃっていたわけではありません。

ベネズエラのマドゥロ大統領に燻り続ける二重国籍疑惑 / ラテンアメリカを始め米国はベネズエラのマドゥロ大統領を政権から座から引きづり下ろすことに色々と取り組んでいる。そのひとつにマドゥロがベネズエラ人ではなく、コロンビアで生まれたコロンビア人だということをベネズエラ

[PDF]

弥彦村関係者は、「サイババ様ご来日プ ログラム」に参加した人々の写真や名 簿を入手し、牧野氏をはじめとするssiojの元役員や元会員がこのプログラムに参加した ことを知りました。新潟でサイババ様の名前を使った団体による問 題が起こっているこ

The latest Tweets from

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *